設計士とは家族も含め相談

機能性を無くさない

不動産

デザイン住宅はデザインに凝り過ぎてしまい、生活する上で不便さを出さないようにしましょう。部屋内に段差があったり、最近は、神奈川でも夏は暑い日が多く、リビングを大空間にされた為に空調が効きにくくなってしまいます。また、掃除やメンテナンスがしにくい家にならないようにすることです。デザインを優先しすぎると、機能性が失われてしまいがちです。その様にならないよう設計士と入念に打ち合わせをしましょう。建築の専門家である設計士はプロですから、色々なアイディアを持っています。自分の意見を押し通さない様にお互いの妥協点を見つけ出して決めて行く事も重要です。また、間取り等を決める際には家族にも参加をして貰うようにして下さい。家族が参加することで、違うアイディアが生まれるかも知れません。

自分だけの家ができる

デザイン住宅は自分でオリジナルの家を建てることが出来る点で、神奈川でも選ばれています。家の外観だけでなく、内装やキッチン等の設備面までがオリジナルの製品を選択できることも人気となっています。天然の無垢材を使用し内装では木の温もりを感じることが出来ます。このような自然素材を使用することで冬は暖かく、夏は涼しく過ごせ、機能性にも優れています。デザイン住宅は、一見シンプルな家と思われていますが、神奈川でもデザイン住宅で木造の温かみのある家も造れることが出来ます。デザイン住宅は、奇抜なイメージを持たれていますが、設計士も自分が設計する住宅のコンセプトを各自持っています。事前にこの事を知ることで、相談をされると話を進めやすくなりますので、神奈川でもデザイン住宅は人気となっています。